10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

真夏のオリオン 舞台挨拶 ④

2009/06/21
ということでよーやく再開デス。
続き行ってみましょー!

12:45(時間ちゃんと見てなかったw) 渡辺アナ登場

そしてキャストは前回と同様、後ろから来るだろうと予測してて、
後ろ振り返ってたバカものですが?(爆)

そして下手側から玉ちゃんから出てきます~
って玉ちゃん、どーして出てくる時笑って出てきたのさ?
しかもさークルーの人たち、みんな手前の方で
キャー玉木くーんハート
ってみんな手振ってんのに、
視線ちっともクルーに来ねぇぇぇぇぇ怒る
終始、後ろの方に視線を…
なーぜーにーーーーーー?

玉ちゃんの次に、北川さん(この時玉ちゃん、場所エスコートしてた←こちらへどうぞみたいに)
、堂珍くん、平岡くん、栄作さん(ここで隣のhanachanさんがキャーキャー栄作ー!って騒いでますたw
誰のファンやねんっってツッコみますたがw)
、監督、福井さんで登場~

ということで挨拶開始デス~
(まぁまたこんなテイでってことでw)

玉「本日はご来場いただきありがとうございます。
倉本孝行という艦長をやらせて頂きました。
作品自体、見ごたえあるものになっているので
ゆっくりご覧下さい。
ありがとうございました。」


アナ「玉木さんはこの映画の宣伝に積極的に参加下さいまして、
昨日の鶴瓶さんとのトーク番組私も見ました」

玉「あ、ありがとうございます」

アナ「あ、NHKのトップランナーもみましたよ」

玉「ありがとうございます」


ってテレ朝なのに他局見たってアピって大丈夫なんかい?
って突っ込んでたよ!
っていうか徹子はどしたー?徹子は!!自局じゃないんかー??

アナ「映画に携わってゆかりの方に会いに行ったりなさって話しなど伺って
どうでした?」

玉「テーマとして戦争というデリケートな問題だと思うし、
自分も今までの役作りとは違って自分で話を伺ったり
実際呉の方へ行って、自分の目で見たりしたのが役作りとしては
初めての経験だったし、貴重な体験をこの作品を通して
させてもらいました」


ここでアナにいきなりみなさん玉ちゃんって言います?
って振られみんなでせーの(笑)

会場:玉ちゃーーーーーーーーーん(絶叫w)

玉ちゃん、下向いて照れ笑いしてたw

ってアナ、みんなが言いたそうな顔してたからやったってw
みんなどんだけー!!!

玉「すいません。お付き合いいただいて(笑)」

なんだか終始テレ笑いの玉ちゃんですた。

次は北川さん
「初めて脚本を読んだ時、最後まで生き残ろうと前向きなところが最後まで
残っていてすぐ出演したいとお返事しました。
撮影から1年がたってみなさんにお届けできることを
大変嬉しく思ってます。これから見られるようなので楽しんで見て下さい。」

みたいな挨拶してましたー

アナ「戦時中愛する人を待つ人を演じてみて思ったことは?(こんな質問だった気が…・(汗)×2)」

「当時の人は、気丈で芯の強い方が多かったと聞いたので、
古き良き時代の女性のよさを失わず、見習っていきたいと思いました」

アナ「さすが明大卒ですねw」←強調してたw

次は堂珍くん
「本日はお集まりいただき本当に感謝しています。
今回映画は初挑戦ということで色々な方に支えられ、
一生懸命演じました。
この映画はすごく見やすい。そんなできあがりなので楽しんで見て下さい

みたいな挨拶でしたー

アナ「ライブと違った環境ですがどうですか?(みたいな事だった気が?)」
(みんな座ってるからどうでしょう的な質問だったかな?)

「割とバラードが多いので・・・(普通です的w)」

会場:爆笑

「特に長い時間やると足疲れちゃうので、、、(座ってる人多いですよ的な回答w)」

アナ:撃沈w

この間ねー玉ちゃん終始ツッコみしたいのか、
下に持ってたマイクを上に上げたりして、
いつどのタイミングで入ってやろうか?
たくらみ中って顔してソワソワしてたw
あ、でも空気読んで入らなかったけど。(不発w)

あ、もちろん他の方が挨拶してるときはそっちに体向けて、
バレリーナ立ちで聞いてますよーこの人。


アナ「俳優の自分に手ごたえはあった?」

堂「勉強になることばかり。
原点は歌にあるので、歌に返して行きたいと思う。
けど栄作さんに「俳優やれ!」といっていただいたので…」

栄「絶対やれっ!」
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!命令形!!
隣でhanachanさん大喜びw

堂「機会があればぜひ・・・」

次は平岡くん~
「撮影中は、自分も生きぬく、周りのみんなを死なせないようにと
強く思い演じてました。
生きるということがみなさんに届いて、
前向きに映画館を出て行っていただけたら嬉しいと思います。
えーうん。」
(続き出てこないで詰まっちゃったよw)

「本当一生懸命やりました!」(ヤケクソw)

ってこの辺からテンパってて、何回も同じこと言ってたし、

会場からがんばれーとかかわいーとか
言われちゃってるし…(笑)
オタオタしてた平岡くんが印象的ですた。
 
この後もアナに質問されたことも、
実は聞いてなかったんじゃないみたいに答えに困ってたし。

「イケメン潜水艦の中で先輩方に囲まれての撮影の感想は?(みたいな)」

みなさん真剣で会話する時間はなく、
すごく集中してやっていたので・・・僕も周りを見る余裕はなかったので…はい(もう無理的)」

もちろん、この間もどのタイミングで入ってやろうか、
玉木さん考えてましたよ?
だってやっぱりマイク上がったり下がったりしてたからw
この辺、ジャッカン挙動不審だった!
でもそんな平岡くんに笑顔向けて笑ってた顔がかわいかったじょー



ってまた長くなってきたので続きます~
次回で最後のヨカン!!!
しばし、お付き合いお願いしまーす♪



スポンサーサイト
77クルー | コメント(2)
コメント
なんだか…
一回目と二回目、なんか違う感じの舞台挨拶だったんすね!
続き楽しみにしてますっ。
玉木クン、確かに舞台挨拶で手が上下してるような…
誰がしゃべってても、customさんはきっと玉木クンガン観だったことでしょう。
その姿が浮かぶ

hanachan栄作さんに食いつくあたりが、想像したら笑えた
さすがアラフォー
Re:なんだか
>キッコロさん
マスコミ入ってた時より、長く話してくれましたよ

しかしみんなのテンパり具合がおもろーだった。
玉木くんは常に、マイク下におろしたり、
あげたり、いつ入ろうかタイミング計ってて楽しかった

もちろんガン見しましたよー?
それ、完全特技ですからね?今や(笑)

hanachanさんの食い付きが、
おもしろかった
だってまだまだ若いな玉木宏って
言ってたし(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。