10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大ヒット舞台挨拶 レポ1

2012/01/12
えーまた声が出ません(爆)
風邪ぶり返したよぅです…(ノД`)
っていうかなんでだろー?ってこれまたしばらくしたら発熱するのー?!
この前ひいたばかりなのになんでまたひいたか?
まったくの謎であります…。

っていうか週末はほんとバッタバタしておりますよぉー

ということで舞台挨拶レポ行きましょー!

野暮用からの直行だったので、
ほんと開始ギリギリに会場に滑り込みましたー
隣はお子さんとお母さんらしき方が座ってたので、前を通って着席ー
玉友ちゃんはすでに席にいたので、始まる前に腹ごしらえーw

と思ってたら食べて飲んでしてたら16時ちょうど(?)にさとりさん登場~
あれ?あの司会の人じゃないんだ?と思いつつも
ステージ左から監督、役所さん、玉木サンと登場~

キャー今年初生玉木サン~~~~~
一人脳内テンソンあがるw

黒スーツ、黒ネクタイ、白シャツ。
髪の毛はまぁネットニュースであがってますので割愛w
ずいぶん後ろの髪伸びたなぁーと。
だってだいぶクルンッってなってたの。
えーと肩についちゃって跳ねるみたいな表現であってるのかなぁー?
あの後ろ髪はどこまで伸びるんでしょ?(謎)

さとりさんから
「観客動員80万突破しましたぁー」と報告あり。
えー玉木サン。
あいかわらず口が◇になっておいでですた。
ってビックリしたんだねぇーかわいかったよぉー♪

ということで
一人ずつ挨拶です。役所さんから
「明けましておめでとうございます。
公開始まってますがたくさんの方が見ていただいたので
そのお礼をかねて舞台挨拶させていただきます。
今日は時間があるようなので、よろしくお願いします。」

玉木サン
「みなさんおめでとうございます。
世の中はバーゲンセールの時期だと思いますが、
買い物そっちのけでこちらを選んでいただきありがとうございます。
今日はゆっくりしゃべれるようなので、
最後までゆっくり楽しんでください。」

ってさすが玉木サン、会場の笑いとるとるw

成島監督
「なんとか80万人突破できてよかった、
まだまだみなさんのお力が必要になりますが、
今日はゆっくり楽しんで行って下さい。」

舞台挨拶というよりトークショー的な感じなので、
椅子があるので着席。

まぁ玉木さんはあいかわらず座ると大股開きですけど(笑)
っていうかズボンがけっこー
パツパツに見えましてよ?
やっぱり太ももらへん。ジュル

「五十六を見たことある人?」と会場に問いかけ。
8割くらいみてますね。とさとりさん。
でもみんなマイクを持ってしゃべらなくて、
普通にマイクでしゃべって下さいね。とツッコマレテました。
みんな顔を見合わせてたのが笑えるw

ステージの3人も知り合いの人とか見たと言われた?
役「えぇ。」一言で終わろうと(笑)
でもさとりさんの容赦ない追及が(笑)
役「重く受け止めて映画としても楽しんで見てくれた」

その反応にさとりさんが今度マイク忘れると
ツッコミ王すかさずツッコむw
「さとりさんがマイク使わないで…」
知り合いは割と公開してからすぐ見てくれて、
しっかり見れた映画だったと」


成「田舎の戦争体験者の方からよかったと言ってもらえた。」

「役所さんと玉木サンは23日の公開以来の再開?」
二人顔を見合わせて、玉木さんが即答。
「はいそーです。」
この顔向かい合わせたのが、あうんの呼吸っていうか、
息が合ってた感じがしたなぁー
っていうかほのぼのしたね。

共演してみて役所さんのすごいところとか
役者として盗みたいところとかありましたか?
「すべてですね。」
役所さんひたすら玉木さん見て照れる(*´∀`)
その姿がなんかかわいかったデスよ。

「現場での立ち振舞いをみて盗もうと。
映画が映画なんで、シリアスになりがちだと思ったけど、
割とおだやかにいてはりつめてない印象があった。」


役所さん玉木さんと共演してみて?
「かっこいーですよー。」←即答w

「ウォーターボーイズから知ってて、
アフロヘアのものすごいおもしろい俳優さんがいるなと思って、
いろいろよく見てましたけど、
非常に映画でもテレビでも音楽でも活躍してて、
もっともっと映画をやって欲しいなと。」

こちら玉木さん仕切りに照れる。
ちょっとうつむき加減で、
いやいや。って首振っててかわいかったなぁ。

今回の役はユーモアな役どころではなかったけど、
ユーモアのセンスのある役者さんだなと。


というか役所さんから、
こーいう話が出るとなんだか自分のよぅに嬉しいなぁとか思ったり。
というか建前じゃなく、
ちゃんと見てくれてるんだなぁと思ったよ。
なんだか玉木サン、共演者キラー?w
みんなにべた褒めされる習性あるよね~?

「もっと一緒にやりたかったなと。」
猛烈ラブコール(笑)
お互いお願いします。みたいにお辞儀してたw

監「そうそうたる俳優さんに演出できる毎日の現場がすごい楽しかったと。
役所さんにアイデアをもらったりしてできたので。」

役「アイデアじゃないけど、
監督には微妙なお芝居のニュアンスをしっかり見てもらったりして、
みんな信頼してましたね。」

「ほんとに気の引き締まる感じでした。
細かいとこまで見てくれてるので(笑)
二度めだからこーくるとかもわかるから、やりやすかった。」


監督から玉木さんの印象。
「いー俳優は声がいーんです。
玉木くんのナレーションで映画ができたことは嬉しいことだし、
それが見てるみんなに響いてるのかと思う。」
と絶賛しておいでですた。

まぁこの間も玉木さんは落ち着きない感じではなく、
また恐縮した感じ。
なんで玉木さんの照れてる姿ってかわいーのでしょーか?
そんな姿見てるだけでも、ご飯3杯いけそうw←それはウソw

あーとりあえず長くなってきたので続きます~!

スポンサーサイト
映画とか | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« やっぱり | HOME | 今度こそ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。