07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

初日舞台挨拶 レポ

2011/12/30
あいやー年末だからバッタバタしてますよぉー(;・∀・)
なんだか一人であれもそれもやらなきゃいけないから大変~!!
それにしてもなんだか大河関係いっぱい来てるよぅですよぉー?
っていうかすでにもろもろ撮りこぼしちぅですー
ヤバいよヤバい~(;・∀・)

大河公式に15分動画も来てますねぇー
ってこれ見てるとすっげー今度の大河楽しみなんだけどー?
もぅねぇー見たことのない義朝さん、けっこー写ってるんだけど…
っていうかこーみると意外と撮影してたんだねぇー?
なんて思ったりして。
というわけで公式はコチラ!!!→NHK

って舞台挨拶のレポが途中ですたな…
これ正月まで片づけないとデスな…。

というわけで続く。

ということで続きは
それぞれに思い出に残ったり、記憶に残ったシーンは?ってとこからですねぇー

役所さん
「思い出に残ったセリフですか…。
作戦室で長々しゃべるシーンでNGを何回も出して、終わらないかもと思った。
最後のカットは吉田くんがしゃべるんだけど大変だったろーなと。
この場で吉田くんに感謝します(笑)」

玉木サン
台本読んだ時から感じてたけど、
五十六さんとのシーンで、
自分の目、耳、心を大きく開いて世界を見なさい。
というとこで、まさにこの作品の中で一番重要なことじゃないかなと。
そのシーンでご一緒させてもらえたことが印象に残ってます。」


柳葉さん
「甲板の上が気持ちよかったんすよねぇ。
実際の輸送船ですかね?
海軍カレーを食べさせてもらって…うまかったんですよねー。
カレーのおかげであのシーンが取れました(笑)」

原田さん
「家族でちゃぶ台を囲んで、ご飯を食べたシーンですね。
今考えたら昔のちゃぶ台は小さいしおかずも少ないですけど、
平和じゃないとできないんだなと思いました。」

吉田さん
「将棋のシーンが3シーンほどあって対局してたけど、
いろんなことを思いながら芝居する役所さんが印象に残ってるのと、
最後のシーンでがーっときちゃって受け止めるのが必死だった。」

柳葉さんや桔平さんが【ガナルカナル】って言わなきゃいけないところを
後ろで違う風に言ってて大変だったなと(笑)

椎名さん
「黒島参謀は変人参謀だった人で変わった人だった。
風呂に入らないとかすっぽん本で歩いたり。
この作品で変なとこをできるか?監督といいねーと思ってやったが、
日の目を見ることはなかった…」
よぅはカットされたってことだよねー?残念。
司会の人もそれは「残念でした」的なこと言ってたと思った。

瀬戸さん
「玉木くんとれいなちゃんとスタジオで撮影してたんだけど、
スタジオには差し入れがたくさんあって、
一日中おなかいっぱい食べてましたねー
甘いものとかー
(て玉木サンと顔見合わせてたし玉木サンもうんうん頷いてますた)
セリフがとんじゃいそうでした」


田中さん
「最後、モンペをはいて呆然とラジオを聞いてるシーンなんですけど、
モンペをはいて突っ立ってるというむなしさというか
なんというか…。
いろんなことがわいてきてしまって戦争は人の命だけでなく、
夢や生きがいなど奪いとってしまうものだなぁーと感じてしまいました」


五十嵐くん
「赤城に着任した時が撮影初日っていうこともあって、緊張してたんだけど
映像でみてもリアルに緊張してるなって思った。
水まんじゅうを食べる長官を見て緊張がほぐれたので、
あのシーンは役所さんに助けられましたー」

っていうかこの司会の人のコメントもちょいちょいおもしろくて
五十嵐くんの後には
「役所さん、今度はほめられましたー」とかw
椎名さんの後も
「メイキング等で日の目をみることを楽しみにしています」とか。
意外とおもしろかったデスよぉー

そして最後の〆の挨拶は玉木サンと役所さんからー
玉木サン
戦争、五十六さんという題材を今後一人ひとりどう生きていくかを
考えさせられる映画だと思います。
なので、ご家族、友人、などにたくさんの方に見ていただいて、
たくさんの方に考えていただくことができたら幸いだと思います。
なので今日から公開になりましたが、今後ともよろしくお願い致します。」

って今回の挨拶は終始玉木サンマヂメですよぉー。
まとめ役みたいな意識があるのかなぁー?

役所さん
「今日は本当にありがとうございました。
この作品を作る時に【国益とはこの国の子どもたちが未来に希望を持てる国】
にするというのを合言葉に出来ました。
この映画を見て日本の未来についてもう一度考え直すきっかけになれば
と思います。
映画とはお客さんとともに盛り上がるものだと思います。
おもしろかった人は周りの人に伝えて下さい。
おもしろくなかった人は黙っていて下さいw」

こーして舞台挨拶が終わり、役者陣はまた右から舞台の袖にはけていきますたー

って終始玉木サンは、
周りがちょっと笑いを誘っても、マヂメな受け答えをしてたのが
印象的でした。
そして意外と2階の方に視線を泳がせてましたねぇー
っていうか目が疲れてたよぅな気がする。
MWの結城みっちーの時のよぅに、ちょっと目の周り赤かった気がするー
さすがに中国と日本の往復で疲れてたよぅに見えました。

でもそんなこんなでも、
生玉木サン拝めてよかったデス♪

というか午後、記者たちが入った舞台挨拶は公式のHPに動画で上がってましたねぇー
ということでそちらをご覧下さい!
(あ、1回で逃げたとか言わないでぇーw)
ということで公式の動画はコチラ~!!→公式
あ、でも2回目の玉木サンも終始上の方に視線泳いでたよぉー
けどこっちは写真撮影あったから、
なんとなーく笑顔も写真用だった感じがしましたねぇー
けどみんなの五十六さん「好き好き」攻撃に、参加したそうな感はあったw
だけど玉木サンにそのネタが振られることはなかったねぇー
だって軍人チームばっかりだったもん。

でもちょっといーなーと思ったのは
途中、役所さんと二人でなんだかマイク通さない話してて、
やり取りしてたところが
あーこの映画を宣伝するにあたって、だいぶ役所さんと
いー感じでお話できるよぅになったんだなぁーと
なぜか上から目線で嬉しくなってしまいますたw

大御所さんにかわいがられる玉木サン…
なんかいー絵だwww←病んでるw

そんなわけで舞台挨拶レポ、簡単でありますがー終りますっ!
なんとか年越す前に終ったーwww


スポンサーサイト
映画とか | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。