09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

完成披露試写会

2011/12/11
えーとー金曜のwsはHDDの「あさイチ」の録画はできるけど、
容量ほぼナシ状態なので壊滅状態…( TДT)( TДT)( TДT)
後で玉友ちゃんにもらうことにして…(ということで誰か下さいw)

ということで、
昨日玉友ちゃんにいただいた奇跡のチケットにて、
行ってまいりましたぁー丸の内TOEIにー

TOEIに向かう途中、電車が緊急停止したりでかなりテンパったけど
無事ジジさんたちに合流~
っていうか合流後なんか軽く食べればよかったとちと後悔…
まぁそんなこんなでしばしおしゃべりしてから会場へー
写真_1
遠くから撮りすぎたw

で近くによったらゼロ戦?
写真_2
本来天気ならこの前で写真を撮ったとか撮らなかったとかって。
でもけっきょく写真は中でした。
そして会場前にはたくさんの知ってる方々が、
入出待ちしてたよぅです。寒い中お疲れサマですたぁー

さてさて中に入ったら意外と会場狭いのねぇーと。
そして座ったら意外と前の方でビックリ
(でも真ん中ブロックK列までは東映関係者ですべておさえられてたよぅで)
右と左ブロックの前の方から座席選択ができたよぅでした。

ということで続くー

そして最初に舞台挨拶です。
18:32ごろスタート。
司会の女性(どっかのアナウンサーなのか…名乗ってなかったよぅなのでわかりません)
が登壇。
今日の趣旨、流れを説明。

その後右手からずらーっと登場ー
監督キャスト合わせて総勢20人の舞台挨拶です。
いやー圧巻!!!

ステージ左から監督、脚本家、袴田さん、益岡さん、田中さん、伊武さん、香川さん、宮本さん、
玉木サン、役所さん、柄本さん、柳葉さん、阿部さん、吉田さん、椎名さん、瀬戸さん、中原さん、中村さん
という順でしたー
っていうかステージ端から端までビッチリ並んでおりますた。

っていうか登壇してきたキャストさんたち見て
一人いろいろ興奮!(*゜∀゜)=3!!
だってー
袴田さんと瀬戸さんって昔ウワサあったっしょー?とか
益岡さんと玉木サンと栄作さんはオリオン!とか
伊武さんと玉木サンはのだめ!とか
椎名さんは風祭刑事だしw(謎ディ)はいはいはいってよくやってるからw
玉木サンと中村さんはMWでタイだし!とか
香川さんこの前見たし!とか
田中さんと玉木サンは夫婦役だし!とか(大河)
玉木サンと袴田さんはラブシャじゃん!とか

バカすぎる発想ですいません…。
そんなこんなで一人ずつ挨拶が始まりましたー

役名とともに紹介され、一言ずつですねー
役所さん
「成島監督およびたくさんの共演者の方に恵まれ、
山本五十六という大人物を演じることができました。
今日は楽しんで見て行ってください」


玉木サン
「雨の中お集まりいただきありがとうございます。
この映画を新しい目線で描かれているのではないかと思います。
最後まで落ち着いて見れると思います。
今日見ていただいて、周りの方に伝えてもらって、
日本全体を盛り上げていけたら…と
思いますのでご協力お願いします。」

的な挨拶してました。

その後柄本さん、柳葉さん、阿部さん、吉田さん、椎名さん、益岡さん、
袴田さん、原田さん、田中さん、中原さん、中村さん、伊武さん、
宮本さん、香川さん、脚本家、成島監督
の順に挨拶してましたー
(ん?順番あってたかな?)

中原さんは、役所さんを見て髪が伸びてるので月日がたったんだなーと。
変わらないのは僕と伊武さんくらいでw
って言ってた。

伊武さん
変わってない伊武ですw
って笑いとってたなぁーw
っていうか伊武さんが挨拶してる時玉木サン、笑いこらえてるよぅな
仕草してたっけね。確か!
はにかんでるっていうか、笑いこらえてる風?w

みなさん、戦争について、自分が演じた役について、五十六さんについて
一言ずつ挨拶してましたー
けっこーみんなが言ってたのが「この映画をやるまで自分の役の方を
知らなかった」っていう方が大勢いました。
でも普通の人でも知ってる人は少ないんだろうなぁーと思うところでは
ありますた。


さてこの時の
玉木サンは、挨拶してる役者さんの方へ
体を向け、時にはうなずきながら話聞いてましたねー
で、終わると絶対拍手する。
(多分音は立ててないと思う。マイクで拾ってないから)
それは他の役者さんはあんまりやってなかったんだけど、
玉木サンだけずっと全員にちゃんと拍手してた。
こーいうところはすごいと思うー

で!残念なことに自分こんな日に限って双眼鏡忘れー( TДT)
モロモロチェックができなかったんだけど、
衣装はネト記事で上がってるからわかるでしょーねー

途中誰の挨拶の時だっけなぁー?
いきなり左手でスーツの裾めくり上げてオケチュあたりを
モゾモゾなんかやってたんだけどさー
なんだったんだろ?

ありゃオケチュかゆかったのかい?w
違うかちくちくしたのかな?
ちょっとむずがってた感じではあったなw

そのあとも袖だけカラーが入ってるから
袖あたりいじってみたり。
しまいにはネクタイの結び目?
を右に左に動かしてみたりしてますたw
ってあいかわらず落ちつかねぇー!!www
ユラユラフラフラはなかったけども、やっぱり一人動いてたー

まぁきっとココに来るまでもすごい量の
取材やら受けて来たんだろうから仕方ないねぇー

そして五十六さんの故郷、長岡とのコラボで「打ち上げ花火を見る」
ということだったので、
登壇者一同は、ステージより座席に降りてきて一緒に
花火見る格好になりますたー!
階段下りる時に、一瞬座席に視線落としてましたねぇ。
前の方に自分のファンがいるの認識してたよぅですよぉー
そのあとから下りられる宮本さん、気遣い下で
待って手を取ろうとしてたけど、スタッフさんがそれをやってたので
玉木サンのエスコートはなかったーじゃんねーん…( TДT)

そーして最前列にキレーに並んだキャストさんとともに花火鑑賞です。
が玉木サンの後姿…というか後頭部が意外と見える場所だったので、
花火はキレイーけどチラミ程度で(申し訳ない)玉木サンガン見w
後ろから拝んだ玉木サンの襟足がぱっくり八の字にわかれてたが
をいをいをいをいっ!
ってツッコミそーになっちゃったよぉー
あの髪型、どーやってんだ?ちょっと疑問に思ってみたり。(おかしぃ発想w)
っていうか襟足ももみ上げもずいぶん伸びたよねぇー

まぁ見えたのが後頭部だけなので、
実際前からの玉木サンはわかりませんがー、
しばらく花火を鑑賞していました。

花火の鑑賞が終わり、またステージ上に。
玉木サンはまたステージ登ったところに、
次に宮本さんが登ってくるところを手出して待ってたけど、
なんとか宮本さん登ってきたので、ほっとした顔してたのは
さすが女将!
そんな感じでございましたー
っていうかそんな気が利く人いないよぉー?

で、主題歌を歌ってる「まきちゃんぐ」さんから花束の贈呈で
役所さんに。

そして最後に玉木サンと役所さんと挨拶が。
「今、伝えなければいけないメッセージが
たくさん詰まった作品になりました。
一人でも多くの方に見てもらって、若者だけじゃなく
すべての人が今後を担っていく人だと思うので、
そーいう思いで見ていただけたら。
そしていー映画だと言う事を周りの方に広めて下さい。
なので、今日は最後までゆっくりご覧下さい。」

的なことを言ってたと…(;・∀・)

最後に役所さん
「お待たせしてすいません。たくさん話すことがあったので
長くなってしまいました。
とにかくいろんなメッセージが伝わると思うので、
それぞれで感じることが違うと思います。
昭和史にしっかりと向き合って豊かな日本を目指してがんばらなければ
いけないと思います。
たくさんの方に見ていただければいいなと思います。
今日はありがとうございました」
的な挨拶でした。

そして舞台挨拶が終わりました。
右手ステージにはけていきましたー
ってはけるときも、人多いから途中止まっちゃったりしてたしw
けど玉木サンは、戻るときは一回止まって、客席の方を向いて、
お辞儀してからはけていきましたー
その後、宮本さんからみんな一回止まって、お辞儀してはけていかれましたー

ここで写真撮影はなく、別室にてあったよぅです
webとかws掲載写真。
本来は外で撮るはずだったけど雨だったので急遽中になったんだってー
残念(ノД`)


こーして舞台挨拶は終わり、
自分たちは映画を鑑賞しはじめました。
映画の感想については、公開前なので自重しますが、
やっぱり玉木サンの声が…いー!
そしてやっぱりキーになってたよぅでした。
公開日が待ち遠しいデスね!

というわけで長々の舞台挨拶のレポ終わりますー
ご清聴ありがとぅございますたー

スポンサーサイト
映画とか | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
« もぅ | HOME | まだまだー »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。